著書『どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」』を出版いたしました。

本日2月9日、『どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」』を出版いたしました。

仰々しいタイトルですが、クロスメディアパブリッシング様経由で出版させて頂くこととなりました。

「良くも悪くも転職を繰り返し、職種も違う中で各社で仕事をした経験を、何か世の中に還元できないか」という想いがきかっけとなり、クロスメディアパブリッシング様の共感を頂き、出版へと至ることになりました。

『GISOV』という新卒で入った野村総研で教わったフレームワークを仕事の進める上での「型」として捉えなおし、転職先各社の中で改良してきた実践知をまとめた本になります。

視点を変えれば、村井の就業先での先輩・同僚からのご指導・フィードバックが多分にエッセンスとして含まれた、仕事の基本のようなものだと捉えています。

日本においては転職の回数というのものが、ともすればネガティブにみられてしまいがちです。

しかし、転職をしても「得た」こと「失った」ことというのは別になく、違う形になって表れているものだと、これまでのキャリアを踏まえて感じています。

もし、転職を通じて何かしらの不安を感じてしまっている方にとっても、本書が何かしらのお役に立てればと思っております。

多くの方にこの本が渡り、「個々の人々が自身の特性を最大限生かして活躍する社会」の一助になればよいと思っております。

引き続き、よろしくお願いいたします。

村井

LINEで送る
Pocket