読者特典抜粋:ストレングスファインダー

どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」の読者特典として、「自分の「バリュー」を探し出すのに役立つ参考ツールと使い方集」というものを掲載しました。

その中の一部をこちらでも公開いたします。皆様のキャリア発展にご活用いただければ幸いです。

ストレングスファインダー

アメリカの調査機関であるギャラップ社が開発したツールです。

「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に従って、人が持つさまざまな能力特徴を抽出・分類して、最終的に34 の分野に集約しています。

この集約された34 分野を「才能」と名づけ、その才能は「無意識に繰り返される思考・感情・行動パターン」であると定義されています。この34 の分野は、どれがあって、どれがないというものではなく、出ている強さの順位が人によって異なります。よく繰り返す行動パターンなどには脳の神経が連動し、より高速に処理できるなど、その人の特徴となっていきます。

そして、自身の才能を知る方法として、この「ストレングスファインダー」があります。現在はウェブ上で100 を超える質問に回答することで、ご自身の才能分野が特定されていきます。以下のサイトから直接テストを受けることが可能です。費用はより多くかかりますが、上位5 つだけでなく、34 の才能の強さの順位を知ることも可能です。

https://www.gallupstrengthscenter.com/Home/ja-JP/Index

このツールのよいところは、インターネットにさえつながれば、誰でもできる点にあります。また、矛盾した回答も出てくる可能性も勘案して、質問数を多くすることで、より特定する才能の正確性を高めようとしているところもよい点です。

ただ、自分一人でのワークとなるため、「こうありたい」「こうあらねばならない」という想いがあると、本当の才能と回答結果がずれる可能性がありますので、1 つひとつの質問に迅速に回答して、極力「考える時間を自分に与えない」ことが重要です。

回答の結果、抽出される才能を⾒て「自分はこんな人間だ」というところで留めるのではなく、それらの才能が日々どんな場面で発揮されてきたか、棚卸してみましょう。あるいは、ストレングスファインダーに理解のある知人の方と結果を共有して、思い込みで回答していなかったか検証するのもよいと思います。

LINEで送る
Pocket