About


Profile :私の仕事歴

1985年11月11日 京都生まれ

慶應義塾大学卒業後、(株)野村総合研究所(NRI)にて
通信・製造など幅広い業種の経営コンサルタントとして
キャリアをスタート。

コンサルとして順調にキャリアを積み重ねていくが、
あるクライアントから
「あなた達は現場のことを知らないのに、正論ばかりだ」
と言われたことが契機となる。

「このままでは机上の空論だけの
頭でっかちになってしまうのではないか。

もっと実際のビジネスの現場で経験を積みたい」
という危機感から、
リクルート・日本IBMなどの大企業や、
ドリコム・グリーなどのベンチャーで
法人営業・経営戦略・人事・広報・DX推進など
幅広い経験を積む。

勤務した全企業において、
6,000万円/年の売上実績の仕組化、
5,000万円の融資獲得、4,000万円/年のコスト削減
などの実績を残す。

しかし
「本当に良いと感じたものだけお客さまにご提案したい」
という思いが強くなり、独立。

同時期に、アウグスビール株式会社のビールに魅了され、出資する形で経営に参画。
飲食店・宿泊施設内にクラフトビール工場の設立支援する
August International株式会社を創設し取締役に就任。
この新規事業を2年で年商1億円事業に成長させる。

現在は同社含む複数社の会社経営に携わりつつ、
中小企業の社外番頭として、経営者に寄り添った
会社の変革支援を執り行う

幅広い職務経験とコンサル実績、現場で培い続けている
経営ノウハウを活かしたサービスに、
クライアントから
「ビジネスの遂行力が極めて高い」
「自分にない『強い説得力』がある」
「大きな器が1番の魅力」「いつも隣にいてくれる」
などの声をいただく。

ミッションは、

「社長や社員が楽しく適材適所で仕事でき、お客さまも喜んでくれる会社づくり」

お客様の声

`レビュワー1

 

アウグスビール 代表取締役 坂本健二

村井さんには、私にはない「強い説得力」がある。
①ビジネスの交渉
②商品を魅力的に感じてもらう「付加価値の付け方」
が卓越して上手。
①②は別の職能で、2 つを高い基準で満たしているビジネスパーソンは少ない。また、村井さんに先導してもらったビジネスを船井総研が真似している事を考えても、業界に影響を与える存在であることは間違いない。

`レビュワー2

株式会社ARK 代表取締役 佐々 幸雄

継続してお付き合いできる人は少ないが、村井さんはいつも隣にいてくれた。村井さんが「残ってくれた」という印象。やはり、器が大きいところ。細かなことをグチグチ言わない懐の大きさがある。
大きな器が彼の 1 番の魅力です。また、ビジネスの遂行力が極めて高いことは言うまでもありません。B2B 向けの提案書を作ってもらったことがあるが、綺麗で整った提案書に驚いた。「大企業のお作法」を知っており、とても頼りに感じている。

History:私の価値観

小学校に上がるまえから、バスケットボールを
父に習い入学当初から6年生とバスケを楽しんでいたら
2年生にいじめられました。
それに気づいた、6年生の先輩が逆に守ってくれて
背中をはって守れるヒトに憧れるようになりました
ちなみに、某アニメのように父とは週末1on1を繰り返し、
勝つまで帰れないというスポコンな家庭に育ちました。

その後、中学受験勉強に突入したものの、
落ちこぼれ、どうにか点数を取るために
カンニングをするも見つかり塾の退学危機に。

退学は免れたものの進学クラスをひとクラス落としての
再スタートを図りました。

その時に初めて学ぶ楽しさを知ることとなりました。
基礎を知ることで応用が見えるようになる
当たり前の話ですが、そのことにより、
結果として勉強もできるようにました。
中学受験前には塾の全国模試でもトップクラスの成績を
とることもできました。

そうして、慶應義塾大学付属の慶應義塾普通部に入学。
小学校時代から続けていたバスケットで活躍したく、
部活に入部するものの、基礎体力練習に全くついて行けず
挙句の果てに「さぼりの名人」扱いされてしまい、
それが悔しくて練習を頑張りました。

個人的には本当に限界でふらふらしていたり、
足がとまっていたのですが、
さぼっているとみられるのは癪なので
練習途中に吐きながらもまた練習に戻るといったことを
繰り返していたのが懐かしく思います。

それがコーチにも認められ、2年生ながら補欠には
入ることができ、3年目には副キャプテンとなりました。

膝をけがして、高校では新しい部活にチャレンジしようと
思ったものの、早くから選抜に抜擢されると周りから
図に乗って見えたのか同期の人間関係に悩み退部。
(自分にはその高飛車になっているという自覚がなかったので人間って怖いですね)
その後、水泳部に入部し、一番初心者からスタート。
その後、できないものができるようになっていく
その過程が好きなんだなと水泳を通じて特に感じました。

その後、慶應大学ではそのまま高校水泳部コーチに就任。

早い選手の真似をして自身も回りもけがをしたり、
結果中々伸びないという現象を見てきたので、
気合・根性での量の追い込みではなく、
初心者の体質に沿った無理ない基本の「型」を重視した
練習を心がけました。その過程では
スイミングスクールのシニアクラスを教える
アルバイトにつき先輩社員から、身体の動かない方でも
無理なく泳げるコツなども学びました。

叱咤するよりも出来るようになったことを
フィードバックして本人が自ら更に成長しよう
というサイクルにはいっていく。

それが相手に接するうえでの根底的な
価値観だなと気づかせてもらった4年間でした。

そうしていくうちに、僕自身の現役時代よりも
早く泳げるメンバーが増え、泳ぐのが楽しくなった
結果、けがなく量的な練習も追い込むことができ、
スタミナもついて、やがて初心者・中級者チームからも
全国大会出場メンバーを輩出する経験もしました。

(大学生最後の塾内水泳記録会で高校時代の同期と久しぶりに泳いだ後)

その活動を通じて、
ヒトや企業の「変化点」や「成長」に出会える
仕事に就きたいと思い、野村総合研究所に入社しました。

並行して大学時代には、
就職支援の教育プログラムを立ち上げ、
1円を稼ぐ難しさを身をもって体感したのと、
水泳部の経験と合わせて
「机上の空論にならないこと大事にしたい」
と思うようになりました。
プログラムは10年間累計500名の学生の就職支援、
またOBOGとなって以降の転職支援に携わりました。

(説明会でのプレゼンテーション)

その価値観から、
野村総合研究所で上場企業の中期経営計画などの
経営コンサルティング事業に携わった後は
「手触りのある事業を自ら推進したい」
と思い、リクルートに入社したものの、
コンサルタントから営業の違いに戸惑い、
売上を追いかけるものの空回りし体調を崩し、
出社できない状態に陥りました。

その後、転職して経営企画や人事でMVPをとるも、
心が満たされず、また転職を繰り返す日々でした。
仕事なスキルはあって遂行するものの、自分のコアや
「誰を向いて何のために」仕事をしているのか
目的が正直見出せていませんでした。

その後、転機がありました。

企業再生過程のメガネスーパーで事業開発で、
新人時代に教わった仕事の「型」を活かして、
複数社との企業提携が成功し、予算が潤沢ではなかった
当時にもかかわらず新規集客に貢献し、複数の
黒字店舗の相当の粗利を稼ぐことにも貢献できました。

お客様・取引先が喜ぶ提案をする×
誰が何を動いていいかイメージできる基本的な型に
そって仕事を進める。(革新性より前進が大事)

という自分の仕事のスタイルが確立した時期であったとも思います。

そして、実際に友人・先輩が商品を購入してくれて
良かったといってくれる言葉や笑顔がうれしくて、
この時代の仕事はとても楽しくさせて頂いたと同時に
今後もこうした仕事をしていきたいと
強く思うようになり、
仕事に対する価値観も絞り込まれていった時期でした。

その後、
友人のベンチャーの立ち上げ支援とともに独立する中で、
❶新規事業開発支援を中心としたコンサルタント
❷専門領域に拘らず中小企業のあらゆる課題を解決する社外役員
の二足の草鞋を履いた活動が定着し、
いまもそのような活動が続いています。

その中で、自らも出資したクラフトビールの会社では、
クラフトビール開業支援プロデュース事業を立ち上げ、
全国で15店舗以上の開業支援に成功しました。

代表のこだわりが分かるお客様だけと仕事が出来る
ご機嫌な経営が実現できるように、
集客方法や初期商談の内容を見直しました。

結果、月5万円と販促費をかけすぎず、
営業疲れしない事業運営の仕組みを実現できました。

そうした取り組みを、
更に様々な経営者の皆様と取り組んでいきたく

社長のワガママこそ利益にする中小企業の社外番頭

として今後は活動を深めるべく、
この公式サイトでは主に中小企業の経営者の皆様との
繋がりを持つきっかけづくりとして
情報発信・ご案内をしております。

なお、ぜ「社外番頭」としているかというと、
役員のポジションを争いたいわけではないことと、
中小企業に足らないのは、
社長・取締役の皆様が描いた思いを実現する
推進役だと思っているからです。

番頭は、そうしたビジョン・想い・こだわり・わがままを
実現していく推進役です。

しかも、中小企業ではあることを進めようとすると
別の課題が見えてきて、それを同時多発的に
どう解決していくかが推進役には求められます。

番頭は、そうした様々な状況に対して横断的な知識を
持ち優先順位をつけて解決していける推進役の筆頭です。
ただ外部から正論だけいう存在ではありません。

課題に対して、経営者・現場・お客様・取引先を
円滑につなげ成果につなげる
そうした中小企業の推進役になりたいと思い、
「社外番頭」と命名させて頂きました。

なお、自分がかかわる人の商品・サービスは、
自ら利用者にとして体験したうえで、
営業・広報することが大事だと考えており、
そうして始めたブラジリアン柔術
いまも自身の趣味となっています。

※大のビール好きのため、試合前の減量にはいつも苦労してます。

Service

出版実績

取材実績

お気軽にご相談ください

新型コロナウイルス対策として、
お打合せはオンライン会議(Zoom等)を積極的に利用しております。

必要事項をご入力いただき、【この内容で送信する】をクリックして送信を完了してください。

※全ての項目が入力必須です。

 

    投稿記事一覧

    1. 新規事業

      新規事業こそ「外部人材」を有効活用すべき
    2. DX

      失敗しがちな「DX」3選
    3. 新規事業

      中小企業向け新規事業の考え方
    4. 新規事業

      経営者のハマりがちな新規事業の落とし穴3選
    5. 新規事業

      新規事業立ち上げ前の既存事業の「余白作り」
    PAGE TOP