人事制度設計支援実績
      • 大手Webサービス上場ベンチャー企業(役員報酬設計、グレードの再定義):従業員2000名規模
      • 大手通販会社の人事制度改定(評価プロセス、評価項目の再定義):従業員500名規模
      • 大手人材会社のエンジニア組織制度設計(等級の再定義):従業員400名規模
      • 大手製造業の人事制度改定(資格等級から役割等級制度への変更、人材コンセプトの再定義):従業員5000名超
      • 大手Webサービス会社の企画・開発組織の人事評価運用ルールの見直し:従業員400名超
      • 成長中のベンチャー企業の人事制度改定(報酬、評価、等級全面的な見直し):従業員50名
      • 食品系製造業の人事制度改定(報酬、評価、等級の全面的な見直し):従業員200名
      • Webサービス開発会社の人事制度設計:従業員10名未満 ※急成長に入る直前に最低限の実装
      • 店舗会社の人事制度設計:従業員10名未満 ※急成長に入る直前に最低限の実装
        など様々な業種、規模、事業運営年数の異なる企業に対して人事制度の設計・改定の実績がございます

人事制度の無料相談に申し込んでみる

そもそも人事評価制度は、「なぜ必要」なのか?

これまで従業員5名以下の企業から5000名を超える企業の人事制度の設計に関わらせて頂きましたが、多くの場合、50名未満の企業であれば、人事制度はなくても全く問題ありません。

ただ、多くの企業において人事制度を導入、あるいは改定をしたがる傾向が2020年以降、特に強くなってきました。

多くの企業で聞いてきた声として

    • うちの一定の規模になってきたからそろそろ
    • 会社らしい体裁を整えないと
    • これからはジョブ型の時代
    • リモートワークも増えてきたし
    • 従業員にとって公平な・・・

といったものがありますが、どれも「人事制度を導入することで企業経営にどういう良い結果がもたらせるのか」言語化出来ているとは正直言えません。

そのため、少なくとも経営目線での人事制度の導入(あるいは改定)の明確な目的不在のまま、実行しようとすると、当然ながら出来上がったものは「思っていたものと違った」ということになりかねません。少なくとも、人事制度を導入しない、あるいは現行のままでも業績が出ていたのであれば、変えた方がかえってマイナスの経営インパクトになりかねません。

ましてや人事制度を導入したから業績があがるということはあり得ません。売り上げを生み出すのは、商品であり、営業であり、宣伝・集客です。
これが機能していない限りどんなに良い人事制度を入れたとしても商売は成り立ちません。

では、何のために人事制度を入れる、または見直すのでしょうか?

人事制度は社長(経営理念)のメッセージ

そもそも人事制度とは、

    • 等級(どういう人材の階層、組織階層にするのか)
    • 報酬(誰にいくら払うのか)
    • 評価(等級の上げ下げや、報酬額の決定をどのような根拠でやるのか)

の3つの構成要素で決まると言っても過言ではありません。

この3つを見て社長ならお気づきかと思いますが、結論、人事制度とは、社長が会社をどういう仲間で集まった組織(チーム)にしていきたいのかというのを、社長の目が届かないところでも機能するように仕組み化したものです。

なので、50名未満は必要ないとお伝えしたのは、50名規模の組織であれば社長が頑張ればご自身の目で人の活躍・チームへの貢献状況が分かるからです。

つまり社長の目が届かなくなったところで、社長の考えが行き届かず、本来会社として大事なことが伝え漏れが起き、

    • 本来会社に居続けてほしかった人材が辞める(将来の成長機会の損失)
    • 会社の大事にしたい文化がある部署だけ独自変化してしまっている(理念に沿わない)
    • それらが伝染して、今後入ってくる人材も本来の社風と会わず、すぐにやめて行ってしまう(費用の無駄)

といった事態が発生してしまうのを阻止するために人事制度というものはあります。

少なくとも私はこれまでの制度設計の支援の中でそのような結論に現時点では至っております。

では、人事制度はどのように作っていけばよいのか?

人事制度は社長(経営理念)のメッセージとお伝えしました。

経営を長年進めていると「何のために経営しているのか」ということが、何となくのイメージはあっても、言語化しづらかったり、創業のころと今では環境も変わっているなかで、「本来大事にしたかった」ものがかすんでいる場合もあります。

そのため、人事制度設計において、一丁目一番地で大事なのは「経営方針・理念の「自分ごと化」」です。

人事制度設計は、企業規模にもよりますが、本来は社長あるいは他のCHROなどの人事戦略が担うべきテーマです。

経営者が社長おひとりの会社ならまだしも、複数名役員がいる会社では、「この会社で大事にしていることは?」といっても同じ言葉が返ってこなかったり似ているけどニュアンスが違ったりとすることがあります。その状態で制度をつくっても、お互いみている方向がバラバラなため、機能いたしません。

あるいは、先代から続いている企業や以前先生などを入れて何となく理念をつくってしまった企業の場合、社長自身も理念の言葉は飾ってあっても本来想っていることは違うことであったりして、「自分ごと化」されていません。

そのため、社長、その他役員含めた経営陣がまず、経営理念、大事にしている価値観について、共通のゴールを向いていることを改めて再確認することが重要です。

ここが出来れば、あとは事業戦略があり、そこでお客様への提供価値が決まり、組織のあり方、どんな人材に育っていってほしいかはドミノ倒しのように決まっていきます。あとは、それを一定の人事制度の考え方の「型」と連動させながら設計していけば完成します。

他社にない独自の人事制度の仕組み(魔法の杖)は、ほぼ存在しません。人事制度という枠組みの中で、何を大事にし、どのようなメッセージを制度を通じて発信していくかが、結果として「他社にない人事制度」を生み出します。

このお話を踏まえて、人事制度を導入したい、あるいは見直したいというお客様につきましては、ぜひ以下よりお問い合わせ頂けると幸いです。

初回は無料での個別相談を実施しております。

その際に、現状の人事制度や組織図なども拝見できれば「簡易診断」も実施可能です。併せてご利用ください。

人事制度の無料相談に申し込んでみる